高齢者の入浴には注意が必要な理由と私たちができること

1人暮らしを始めて約10年がたちました。1人暮らしになってからというもの、温泉に行ったりする以外はお湯につかることが一切なくなったせいか、足のむくみを感じやすくなったり、おなかが冷えやすくなったりと、体の不調が目立ち始めたので(単なる加齢のせいかもしれませんが…苦笑)、去年から極力入浴するよう習慣づけました。
始めはそのままお湯につかっていたのですが、なんだか味気ない…と、24時間営業のスーパーへ夜中に入浴剤を購入しに走りました。そこにあったのは炭酸ガスが出るという、タブレットタイプの入浴剤。30個入りがあったのでとりあえず1ヶ月分と思い、購入して帰宅後、スグにそれを入れて入浴しました。
いつもの入浴タイムと違い、いい香りに包まれて、炭酸ガスがどう体に作用してくれているのかは分りませんでしたが幸せな気分で使っていました。すると、入れる時と入れない時のあからさまな違いが出てきました。なんと、入浴してから数十分後、発汗し始めたのです。もしかして「炭酸ガス」のおかげ?なんて思いつつ、毛穴が開くのを感じながら汗を拭きつつ「痩せていってる」気分に浸りました。笑
その後、気分を良くした私は、様々な入浴剤を買いあさりました。別府の湯、浅草の湯、など有名どころの入浴剤やバス浪漫などのメーカー品もチェックしたりしました。私の中で一番ヒットしたのはやはり一番初めに使用した、炭酸ガスの出るタブレットのものでしたがなんといってもコスパが悪い!!
仕方がないので粉タイプの、毎回自分が入れる分量を調整できるボトルタイプのメーカー品に落ち着きました。それは、カプサイシンが入っていて、発汗作用もすさまじいので、何もしてなくても痩せた気にさせてくれます。入浴してから発汗までの時間も比較的短いように感じます。
浴槽は真っ赤になりますが、ふろ上がりの体はぽかぽかです。入浴剤を入れることで浴槽は汚れやすくなるので、お湯を抜きながら洗いながら抜け終わったら洗剤で洗って水で流すのがおすすめの掃除方法です。入浴しない時に比べ、毎日風呂を洗うようになったし、体は冷えにくくなったし、いいことづくめです。
私が入浴剤にはまっている話をしているので、先日の私の誕生日に彼氏が入浴剤をくれました。1個1000円くらいする高級品で、繰り返し使えはするのですが、恐れ多くて使い時を見計らっています。それは、香りもかなりいいので部屋に置いているだけでも帰宅した時に充満しているので入浴せずとも癒されています。笑

参考 高齢者の入浴には注意が必要

標準

アユーラ入浴剤は人間の耐震も影響する!?私たちの体に欠かせないもの

冷え性に悩まされるようになりました。足先が冷たくて眠れないほどの日もあり、冷え性改善のためにお風呂の時は湯船に浸かることにしました。
私は湯船に浸かることが子供の頃から好きではなく、ずっとシャワーだけでした。
のんびり湯船に浸かって、体を芯から温めようと思い、入浴剤を買うことにしました。お試しサイズの一回使い切り用にしようと思い、購入したのがきき湯クレイ重曹炭酸湯です。
値段も安く、とりあえずこれで良いかな…くらいの軽い気持ちで購入したのですが、湯船に入れるととても良い香りで、それだけで癒されました!
気分ゆったり湯けむりの香り、まさにその通りでした!
湯船に浸かると乳白色の湯で気持ちが良く、体が温まりました。お風呂から上がってもずっと体がポカポカしていて、ぐっすり眠ることができたのです!肌もしっとり潤いが続き、良い香りも残っていて、きき湯にはまってしまいました!
入浴剤はどれも同じと思っていましたが、こんなにも体がポカポカして、肌もしっとりするとは驚きでした。
乾燥肌ですが、きき湯に入った後は肌がしっとりします。
きき湯を全種類試しましが、私はクレイ重曹炭酸湯とミョウバン炭酸湯が好きです!お試し使い切り用が全種類売っているので全種類試してから、この2つをボトルで買いました!今は交互に入れています。
きき湯はお値段が安いことも魅力的です!詰め替えもあるので助かります。
ミョウバン炭酸湯の香りもすごく好みで、次の日の朝起きると、布団の中がきき湯の良い香りになっているのがたまらないです!
きき湯の種類でそれぞれ効能効果は違いますが、使ってみてその違いは分かりませんでした。
全種類、お風呂から上がった後もずっと体がポカポカして、肌がしっとりするのです!

さすがに入浴シーンは載せられないので写真はここまでです(笑)

実際にアユーラの入浴剤を使ってお風呂に入ると、時間が経つのがとっても早くて平気で1時間とか入っていられます♪

あと、とってもリラックスできるので、最近はスマホをもってお風呂でゆっくりする時間が一番幸せです(*^^*)
出典参考_アユーラ入浴剤.biz公式

これからもアユーラ入浴剤が効果的という事が分かるでしょう。

湯船のお湯を抜いてもお風呂場が良い香りになって、脱衣所まで良い香りが残ります。
きき湯のおかげで湯船に浸かることが好きになりました。香りに癒されながら冷え性も改善されて、足先が冷たくて眠れないこともなくなり、湯船に浸かることが日課になりました。
きき湯以外のアユーラ入浴剤を使い切り用で試してみましたが、私はやっぱりきき湯が一番好きです!
お湯がぜんぜん違います!良い香りの入浴剤もありましたが、きき湯は詰め替えが発売されているのでコスパが良く、アユーラ入浴剤効果も抜群のきき湯が一番です。
ミョウバン炭酸湯とクレイ重曹炭酸湯を交互に半年ほど使っていますが、飽きることなく毎回癒されます。
お風呂の時間が毎日の楽しみになりました!

炭酸系や柑橘系を始め、入浴剤には色々なタイプがありますよね。私もドラッグストアやホームセンターのコーナーでそれらを眺め選ぶ瞬間が結構楽しみなのですが、それらを一通り楽しんでしまうとまた別の一風変わった入浴剤を試してみたい、という思いに駆られるものです。
いや、世の中にはワイン風呂やコーヒー風呂といったある種「特殊な」アユーラ入浴剤を用いたお風呂も数多くあるものですが、私が求めたのはその様な文字通り変わったものというよりかはむしろ、普段楽しむ事の出来ない非日常の雰囲気を満喫させてくれる入浴剤、といったところでしょうか。
ですがそれに該当する入浴剤を春先に見付ける事が出来ました。
ちょっとしたドライブ旅行で箱根を巡った際、帰りがけに1日の疲れを癒そうと訪れたとある大型日帰り温泉施設のお土産コーナーにて、地元の噴気地帯から採取された湯の華を粉末状に加工したアユーラ入浴剤が売られていたのです。
既に程良い温泉の香りの中気持ち良く入浴した直後でしたから、当然その香りに惹かれ、試しに1箱を購入。翌日から自宅で沸かした湯船にそれを入れ、試してみる事にしたのです。
湧き立てのお湯の湯気と共にほのかに立ち上る硫黄の香りはまるで温泉そのもの。実際湯船に浸かってみると雰囲気も大変良く、また入浴後の肌もスベスベとなり、大変良い気分にさせてくれたものです。
若干の欠点としては硫黄臭さが比較的長い時間肌に残ってしまうという事、また一度に量を多く混ぜ過ぎると浴槽の表面を変色させる等して痛めてしまう、といったところでしょうか。
事前にそれらのデメリットを調べ、あえて指先に一つまみ程度の量に留めて利用したのが良かった様で、またそれ位の量でも十分に温泉の香りが引き立ち、また十分な効能も得られる事が分かったのでした。
温泉には成分そのものの効能よりもむしろ、そこに浸かって十分リラックスする事によってストレスを取り除き、病気や不快な症状に対する抵抗力を増大させるという二次的な効果の方が大きい、という話を良く聞きます。湯の華のアユーラ入浴剤に関しても、もしかしたらその成分による効能よりも温泉の香りによるリラックス効果の方がはるかに大きな効果をもたらすのかも知れません。
いずれにせよ湯の華の入浴剤はそれ以降私の大のお気に入りとなり、現在でも定期的に利用しています。入れる分量は前述の通り大変少なくて済みますから意外と長持ちし、1袋で年単位は十分に持つと思います。
有名温泉地に出掛けたら一度は購入し、自宅で楽しんでみてはいかがでしょうか。

標準